« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

田んぼアート

のどかな景色です。

連日、37度以上にもなる猛暑日ですが、

  稲の緑は、暑苦しい風でも吹けば、ほっとさせてくれます。

2018_0715_161028cimg3268

| | コメント (1)

お茶 ( 7月9日 )

お茶花

   道端にたくさん「ねじばな」が咲いている中に

   一本だけ、白の花が咲いていました。
2018_0709_144828cimg3253
『 桑小卓 』
            二飾り

2018_0709_140330cimg3250

             三飾り
           2018_0709_142557cimg3251

             
2018_0709_144814cimg3252
             総飾り

            2018_0709_151215cimg3254

2018_0709_160212cimg3255


2018_0710_232910cimg3256

ウォーキングコースに「ねじばな」が咲いているので、

 手折っていただいて帰る途中、

一輪の花を手に、歩かれていたおばあちゃんに出会い、

 「ねじばな」も一緒に添えられては、と思い声をかけると、

 そこのお地蔵さんにお供えすると言われた。

道端のお花、家に持ち帰って愛でることしか考えなかった。

 優しいおばあちゃんに出会え、心和みました。

 

| | コメント (0)

花への思い

記録的な大雨が西日本一帯に連日降りました。

7月7日

   裏の川の水かさを見ると

  平成17年の台風23号の時の勢いを感じました。

   河川工事後、川が広くなり、心配ありませんでした。

   災害対策のおかげと感謝します。

  一方、各地で被害のニュースを見ると、痛たましいです。

  大雨の中、桔梗やユリが次々と咲き出しています。

   雨の中、花を家に持ち帰り、

   穏やかに花を生ける時間に感謝

   花の強さに、力をいただき

   雨が止むのを願いながら・・・

文人華の生け方ではありませんが、

  『 雨後清雅 』 そんな気持ちになります。

2018_0707_090747cimg3245_2

2018_0707_105641cimg3249


2018_0707_091856cimg3247

2018_0707_091918cimg3248_2

7月8日

  ようやく、雨は降ったり止んだりの小降りになりましたが、

   各地で、たくさんの被害がでています。

   災害に強い環境整備を願いながら・・・

| | コメント (1)

バレエコンサート2018 ( 6月16日 )

 今年も感動の連続でした。

 そして、大切なことを教えていただきました。

    それは、

    先生のあいさつで、~感謝の気持ちを込めて~

    子供たちに感謝の対象を全て

  (両親・兄弟姉妹・祖父母・送迎してくれる方々・舞台に関わっていただく 

   方々・スタッフ・見に来ていただいた方々)と丁寧に言われた後、

    「もう一つ、忘れていたことがありました」

    こんなに完璧な感謝の在り方に、まだ何が

    「この舞台です」

    胸が熱くなりました。

  たくさんの公共施設・道路など当たり前に使っている環境、全てが

    あるから、やりたいことができる幸せを考えることができました。

 『 ありがとう ひぼこホール 』

    下の水盤を観客席で紫陽花を入れ

    上に水盤を重ね、先生とお弟子さんたちが舞台中の端から端まで

    全ての方向に、「ありがとうございました」

    その響きわたる誠意ある感謝の声に、『 ありがとう 』

2018_0618_051930cimg3225_2

 どうしても、赤いバラが欲しかった。

    先生の情熱をいただき、また、

    白いユリと白いカーネーションも、ありがとうございました。

 『 妖精の心 』を込めて・・・

    優しさの精・元気の精・おうようの精・のん気の精・勇気の精

2018_0619_070454cimg3228


 1週間後、生け直す

  『 支え合い 』

     バレエの専門語がわからないので、

     沖潮先生と大西先生の踊りの姿から、生きていくうえで大切な

    「支え合い」をイメージした。

2018_0623_074349cimg3233




 

| | コメント (0)

7月の玄関

6月30日にいろんなお花をいただき、生けました。  

2018_0703_050328cimg3241


2018_0703_044004cimg3240


一度にたくさんの種類を見ると、

  どのお花も素敵で輝いているので

  どのお花を主役にして良いのか、迷い

ブルーのガラス花器を天の川に

  色とりどりにお花を寄せ、願い事の短冊のように・・・

2018_0704_020446cimg3242

| | コメント (0)

お花 ( 6月15日 )

この時期には、近くにたくさんの花材があって・・・

枝振りを生かしながら、枝葉を残して楽しみます。

        『 柊南天 』

2018_0615_191308cimg3195

        『 あじさい 』
2018_0615_194436cimg3201
2018_0615_195225cimg3203_2

        『 花柘榴 』

2018_0615_195334cimg3204
        『 山ぶどう 』
2018_0617_030306cimg3210
        『 ヒペリカム 』 
2018_0623_074316cimg3232




| | コメント (0)

お花 ( 6月5日 )

『 谷間い 』

    陸物の株分けの生け方で、谷川の流れを見せるように・・・

2018_0605_165143cimg3176
   残った枝は、瓶花にて・・・

2018_0605_165412cimg3177


   約1か月、マサキの枝は枯れずに生け直しています。

   半夏生(はんげしょう)の水揚げの良さに驚いた。

     約2週間、みずみずしい葉色でした。

2018_0623_080506cimg3234_4

   長持ちといえば・・・

     お正月の万年青があります。

     水腐れの匂いがいやなので、自然に蒸発させると

     ドライフラワーのように色あせて、やっと片付けました。

2018_0602_132316cimg3171









| | コメント (0)

お茶 6月分

 6月8日 

    「 ほたる 」の季節ですが、

     今年は裏の川にほたるが見られなかった。

2018_0608_142539cimg3186
    四方棚にて

      ほたる蒔絵の面取り吹雪のお薄器を飾って楽しみます。

      水指の蓋は、カエルの焼き物で作者の思いを感じながら・・・

2018_0608_142527cimg3185
2018_0608_151329cimg3187
2018_0605_045030cimg3175_2

2018_0608_155432cimg3188_2

 6月16日

2018_0616_130200cimg3205
2018_0616_133050cimg3206
2018_0616_140843cimg3207_2

2018_0620_211245cimg3231_2

2018_0616_153450cimg3208





| | コメント (0)

ケーキ

『りんごケーキ』

   生産者には申し訳ないけど、あまり美味しくないリンゴだったので、

   アップルリザーブにして焼きました。

2018_0606_061222cimg3184


『ごまシフォンケーキ』2018_0612_090522cimg3193

子どもたちが帰ってくると喜んでくれるので

  自慢のプリンばかり作っていたら、正直な娘が、「またぁ~」って

なので、違うものを作りながら・・・

子どもの頃、おばあちゃんが、おだんごや大学いもなど

  家にある物でおやつを作ってくれた『味』をうれしく思い出します。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »